Servicing

大切な時計に特別な修理を


ヴィンテージ、あるいはアンティークウォッチと呼ばれる腕時計は、
末長く楽しめる特性があります。
それには、扱い慣れた専門の技術者による修理修復や、定期的なメンテナンスが不可欠です。

実際に使用する、コレクションする、希少な品をレストアする、
楽しみ方はお客様それぞれですが、様々なメンテナンスニーズに応えられるよう、
弊社では安定した修理サポートの環境と体制を整えております。

弊社にてご購入のお品以外であっても、
当WEBサイトに掲載し販売する品と同様に全てのノウハウを注ぎ込んだ修理を施し、
その性能を甦えらせることができます。

他社で修理を断られたお品、
過去に修理しても調子が悪いお品、
世界の有名オークションで入手した貴重なお品など、
依頼先にお困りのお客様は、
是非ご用命ください。

それぞれのお品によって価値を損なわないための最適な修理は、
作業内容が千差万別ですので価格を一律でご案内することができません。
お客さまのご要望をお聞きしまして、
最善の修理計画を提案させて頂きます。
メンテナンスはオーバーホールを行うことを基本とし、
部分的な修理は行いません。
修理後は弊社での取り扱い品となりますので、
その後のメンテナンスにおきましても、
販売品同様に責任を持って対応させて頂くためです。

調子の悪いお品ほど、技術の違いをご体感して頂けると考えております。


まずは、事前のお問合せよりご相談ください。
修理の流れにつきましてはFAQをご覧ください





弊社の修理の特徴
弊社がすること
弊社がしないこと

 

 



修理の実例

金張りケース腐食修理

金無垢ケースの傷埋め

ブレスのネジ固着外し

ブレスの金剥がれ埋め直し

ロレックス、チューブネジの修復

裏蓋錆修復

ネジ折れ込み脱着

ヒゲゼンマイの交換
天真の別作

ローター真折れ修理





メーカー修理との違い


メーカーでの修理は販売当時の性能に戻すことを理想とするため、
綺麗さと防水性の確保が重要視されます。
そのため、長年使用された針や竜頭、風防等は
形状を変えてでも、交換になる場合が多々あります。

アンティーク時計の修理では、雰囲気が変わらない状態を理想とします。
針や竜頭も出来る限り使用し、 難があれば調整や修復をします。
それでも使用できない場合には、交換や製作をします。
扱い慣れた豊富な技術と経験があればこそ、状態よく良い雰囲気を損なわない修理が可能です。
また、現行品のお修理もご依頼頂けます。

 

適切なアドバイス


お客様と時計との付き合い方、また市場価値によって修理の対応が変化します。
環境によって綺麗にした方が良い場合、そのままの状態を残した方が良い場合があり、
時計ごとに異なる価値観があるため、適切な修理方針を決めるには豊富な知識が必要です。
今までの経験から、価値を損なう事のない適切な修理をご提案します。

 

豊富な部品


長年の経営に伴い、様々な部品やドナームーブをストックしております。

無いパーツは世界中から探し、入手が難しいパーツは製作します。
特に天真などの繊細な部品は製作技術者の腕の良し悪しで、耐久性に違いが出ます。
硬い素材で天真を成形するには、相応の経験が必要です。

 

経験による高度な調整


現在は高性能な測定器がありますので、時計の調子の良さを計り知ることができます。

本来のポテンシャルを引き出すことが弊社の指針です。
部品の交換を中心とする現行品と違い、アンティークウォッチは不調になる部分を調整で補い
時計の精度(時間の正確さ)を高めていきます。
5振動のアンティーク時計はヒゲゼンマイひとつとっても柔らかく設計されています。
弊社では繊細な部品に慣れた技術者が修理します。

 

弊社がすること


腕時計のオーバーホール。
懐中時計、マリンクロノメーターのオーバーホール。

トータルで責任を持つために、全ての修理はオーバーホールと共に行います。
1930年代から1990年代の製品をご依頼いただく事が多いです。
風防の交換、単品製作
パーツ製作(天芯、巻芯、バネ類、ネジ、軸、歯車などの内部パーツ、また外装用ネジなど)
ブレス修理。破断、折れ、歪み、リベット破損など全てご相談ください。
ケースとブレスの、傷や凹み、大サビの埋め直し(ロウ付、放電溶接、レーザー溶接)
ケース研磨仕上げ、メッキ仕上げ
風防、ガラスの交換。特殊形状やサンプル同様などは単品製作します。
リューズ交換は純正品で交換か、機能やサイズを合わせて提案します。
真贋鑑定
当社販売品、修理品の部分的修理



弊社がしないこと


オールドクォーツ、音叉時計、掛け時計、の修理
ピンレバー式は応相談
文字盤書き直し(リダン)
コピー品や改造品の修理
一部分の修理

 

 






特殊修理の実例




金張りケース腐食修理




金張りケースの角を修復します

 

レーザー溶接で磨耗部分を18KYGで埋めます

 

整形研磨を行い完成です

 



金無垢ケースの傷埋め




作業箇所はベゼルの傷です

 


ベゼルを外した傷の様子です



レーザー溶接を用いて18KYGで埋めます

 


エッジを残しつつ研磨をして完成です




 




ブレスのネジ固着外し




錆びたネジが外れません
以前、鉄製のネジで修理されたのでしょう

 

サビを削り落とし、新しいステンレスネジに交換して完成です




 

 

 

 

 

 


ブレスの金剥がれ埋め直し



 

ブレスの金が剥がれた部分を修復します

 

レーザー溶接で18KYGを盛り、研磨をして完成です




 





ロレックス、チューブネジの修復



過去の修理でケース側のネジが破損し、接着されていました
ケース側のネジ溝が無くなっています

 

レーザー溶接でステンレスを埋め直し、ネジを切ります

 

今後のチューブが破損した際も、交換可能な状態に修復しました




 

 


裏蓋錆修復


SS製、ヒビと打ち傷が多く見られます

 

ヒビは内側まで貫通しています

 

サビの多い部分を削り落とします

 

 

レーザー溶接によりステンレスで埋めます

 

研磨を行い完成です




 

 

 


キドメネジ折れ込み修理
 

折れ込んだ様子です。

ドリルでネジに穴を開けます

穴を利用してネジを外します。

ネジを交換して完成です。